「星のランナーサポート隊」の感想文

スポーツサイクル ナチュラル 西岡 英樹



木津川マラソンの「星のランナーサポート隊」をさせていただき、とても感動しました。

私がサポートさせて頂いた方は、40代のとても小柄な女性でした。

ゴールまで残り5km地点で、サーポートに入らせて頂きましたが、その時点で既に片足を引きずりながら、今にも止まりそうな速度で走っておられました。

軽く挨拶をし、ゴールまで付き添うことを伝えると、涙を流して喜んでくださいました。

そして、残りの5Kmを走っている間に、辺りは真っ暗になり、スタッフの方や他のランナーの姿も見えなくなりました。

そんな真っ暗なサイクリングロードを一緒に進みながら、色々なお話しをしました。

苦しくて辛くて、時折涙を流しながら、それでも走り続けている理由や、マラソンを始めたきっかけを伺いました。

女性の方は、家庭環境や心身の不調など様々な問題を抱えているそうです。そして、通院している病院の先生に勧められ、マラソンを始められたとのことでした。

「マラソンは自分との戦い」「走る事に負けたら、病気には勝てない」「走り続ける事は苦しいけど、頑張って続けていきたい」と仰っていました。日々、大会に向けて目標をもち、走り続けているそうです。

以前に、フルマラソンに出場されたそうですが、無念のリタイヤだったそうです。「木津川マラソン」は「時間制限がない」ので、どうしても走りきりたいと仰っていました。

残り1kmぐらいから再び雨が降り出し、冷えきった体で必死でゴールをされました。

ゴール時は、ふたりで抱き合って喜びました。1時間ちょっと前に初めて会ったとは思えない気持ちでした。

私は、横について頑張っている姿を見させて頂き、そして お話しを伺い、私自身、日々の生活の中で頑張りや努力、辛抱が足りないことに気付かせていただき、「反省」と「頑張らねば!」という前向きな気持ちになりました。

素晴らしい経験をさせてくださった、木津川マラソンのスタッフの皆さんは、準備、当日、翌日の片付けと、、、本当に大変だと思いますが、スタッフの皆さん地域の皆さんの理解と協力で、毎年たくさんのランナーが走れていることを強く感じました。そして、木津川マラソンは参加されているランナーさん一人一人にとって、とても重要で意味のある大会だと思います。

また来年に、「星のランナーサポート隊」として参加させていただきたく思います。

ありがとうございました。


ボランティアをして下さった西岡さまの「スポーツサイクル ナチュラル」

スポーツサイクル ナチュラル

スポーツサイクル ナチュラル
Webサイトはこちら