木津川マラソン、星のランナー見守り隊に参加して

さかもとまゆみ

「星のランナー見守り隊?」よくわからへんけど、面白そうやなア・・と、参加。集合場所で、出番を待ちながら、初対面の同じボランティアの皆さんとたき火を囲む。なんとなくかわす会話が楽しい。「星のランナー見守り隊」というのは、どうも、出走スケジュールの変更で今年初めての試みらしい・・。残り、4,5kmの地点を午後5時以降に通過したランナーの伴走をし、やがて訪れる日没の後の暗い道を懐中電灯で照らし、無事にゴールされるのとお手伝いするのだな。フムフム・・。私は、2人目の星のランナーの伴走で出発。13kmくらいから起こった足の痛みを抱えながら,完走を目指して来られたと言う。30Kmもの距離を痛む足を前に前にと運ぶ・・、私には、到底,できないことだ。いつの間にか一番星が夜空に光っている。雑談の合間の沈黙。星のランナーの背中を押すものに思いを馳せる。光る山城大橋が少しずつ大きく見えてくる。一歩一歩、進めば、必ずゴールが訪れる。私はその美しいひと時に立ち会わせていただくことができた。
翌日は月曜日。星のランナーは、出勤されているはず。足の痛みはどうだったのかな?と、思いを浮かべ、見守り隊のとして自分を楽しんだ。
後日、温泉「一休」でゆっくりさせて頂き、ありがとうございました。


星のランナー見守り隊