2016年フルマラソン講習会 参加者の声

マラソン大会の出場は、先日の木津川マラソン大会(ハーフで参加)が初でした。

試走20キロの日はあの大雪で10キロになり、大会の1週間前に身体が少し不調で5キロ弱しか走れず、ウォーキング少しだけしかできず練習もあまりできずで、不安でいっぱいでした。

緊張のなか、当日を迎え天候も最悪の雨で完走できるのか?どうなるかと思いましたが、スタートから7キロぐらいまでスローペースで抜かしたい気持ちを抑え、後半にペースアップしてアドバイス通り走りました。

体力も落ちることなく歩くことなく無事に完走ができ、タイムも思った以上に良くて、自画自賛!!そして、周りの友人やジム仲間やトレーナーの方にも称賛されました!!

今まで自分には何の取り柄もなく、劣等感のかたまりでしたが、これをきっかけに自信がつきました。

初めは1キロも走れなかったのに、練習して苦しいこともありながら乗り越えて完走できた達成感がたまりません!
マラソンに興味もなかったのに、こんなに走ることが楽しいと思わなかったです。

マラソン講習会に参加して、佐田先生、つぼのメンバーの方々のアドバイスやフォロー があってこそです。
また月末と4月にハーフマラソンに出ますし、12月にトレイルランに出ます。

なので次回の木津川マラソンにはフルマラソンに出ますので、また講習会に参加させて頂きたます。
本当にありがとうございました!!

保賀眞千子


2016年フルマラソン講習会 第4回 のレポート

報告者:マラソンのつぼ 事務局長 荻野幸夫

マラソン講習会

マラソン講習会


1月15日は寒波に見舞われ大変な大雪でした。家から出られない、交通手段がない、等、講習生の参加もままならない状況でしたが、15名が参加されました。
大変判断にまよいましたが、大会当日がどんな天候になるがわからないこともあり、本番を想定した大事な試走会でしたので、予定どうり実施しました。
ただ、積雪事故を考えれば慎重に考える必要もあり、参加者には、本番を体感してもらうことを重視して、最終的には距離を半分の10キロにして、予定通りabcの班わけで実施しました。
激しい雪も時折降る中でしたが、マラソンのつぼの会員のサポートで、安全配慮をして走ることができました。
マラソンのつぼのメンバーを振り切って走り切った講習生もいたようで、参加した講習生は本番に向けた準備はほぼできつつあるように感じました。
午後の救急救命講習会は15人参加でした。 (講習生1名参加)
皆さんお疲れさまでした。

救急救命講習会

救急救命講習会


2016年フルマラソン講習会 第3回 のレポート

報告者:マラソンのつぼ 事務局長 荻野幸夫

マラソン講習会2016_3_1

マラソン講習会2016_3_3


第三回講習会が12月4日に開催されました。
今回は、マラソンレースの走り方、レース前の食事、レース一か月前からの練習の仕方の座学とマッサージなどのセルフケア、実践的なレースペースを実際の5キロ走で体感してもらいました。
これで、佐田先生の講義は終わり、あとは、1月15日の試走会が残るのみとなりました。
参加者からは、「講習会で知れば知るほど、走りたくなりました。」等の意見などいただき当初の予定通りに終了しました。

マラソン講習会2016_3_2



2016年フルマラソン講習会 第2回 のレポート

報告者:マラソンのつぼ会長 長谷謙治

マラソン講習会2016_2_1

マラソン講習会2016_2_2



11月20日2回目の講習会を実施しました。
今回はマラソンコースを2.5KM折り返しのマイペース5KM走です。
ストレッチの後3班に分かれてスタート、マラソンのつぼのスタッフのサポートで参加30名全員が36分以内で完走されました。
フルマラソン6時間以内、ハーフ2時間30分以内が、見えてきましたね~!
講習生の皆さんは佐田講師の指導の基、3回目の講習、4回目の20KM試走会をへて、来年2月5日の大会に向けて練習を積み重ねていきます。本番まで70日近くありますが、無理せず、体調の管理をしっかりして練習して頂きたいと思います。年末、年始も街中でランナーをよく見かけますが、過多な練習は事故のもとです。自身の体と相談しながら楽な気持ちで取り組んでください。健闘を祈ります!



2016年フルマラソン講習会 第1回 のレポート

報告者:マラソンのつぼ会長 長谷謙治

マラソン講習会201610_1

マラソン講習会201610_2



晴天に恵まれた10月23日に講習生30名、ボランティアスタッフ14名が、佐田富美枝講師の講義と実技の講習を受けました。

歩く事、走る事、姿勢、ランニンググッズ、体のケアーなど、きっと何度も聞いている話だと思うのですが、忘れているのですね~!
講習生の皆さんは初めて耳にする話に真剣に聞き入っていました。

私達スタッフにとっても非常にわかりやすく参考になる話でした。
特に練習日誌の話は、初心者にとって初めて挑むフルマラソンの大事な記録に成ると思います。
自身がフルマラソンにどの様に取り組み、練習したかの記録は、その人の人生において唯一の記録であり完走出来た時の喜びを一層増すものだと思います。
きっと何度も何度も読み返すのではないでしょうか!

講習生の熱い眼差しと練習の成果がどの様な結果を生むか今から楽しみです。